2020年4月8日付け
会 員  各 位

本日、新型コロナインフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が政府より
発令されましたので、(弊連盟には5/6まで活動の自粛要請)4/1付で 皆様に
ご案内した内容を一部変更し、(*変更箇所締め切り期限の延長だけです。)
改めて、弊連盟の今年度社団戦に関する弊連盟の対応をお知らせします。

令和二年度 第 31 回社会人将棋団体リーグ戦の対応について の2

東京アマチュア将棋連盟 理事長 今西 修

会 員 各 位

  昨今の新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、今年度社団戦に
  ついて、弊連盟の対応は以下の通りとします。

1.申し込み・参加費振込みは5月31日まで延長します。
  既に申し込んだチームで再考したい場合は事務局まで連絡
  してください。

2.予定通り6月28日から開始するかどうかは、5月中旬に
  実施予定の理事会で判断し、5月下旬の東将連総会及びHP上
  にて報告します。
  (総会が開催できない場合は書面・メールにて各チームに報告)

3.もし、6月から開始できない場合、日程の短縮・変更を視野に入れ、
  極力、社団戦が中止とならないように最大限の努力します。

4.いずれの場合も、開催する場合には、理事会に諮り、参加者の
  安全・安心を最優先に考え、総合的に判断します。
  (具体的には、政府・自治体から、学校の休校、外出の自粛、
  多人数集合の禁止要請、各公共の施設・店舗休業要請等が緩和されて
  いることを開催の前提とします。)

5.なお、今回、新型コロナウイルスの影響等を理由に休会の判断をされた
  チームに対しては、初日開始の前に、改めて、参加意向を確認します。

6.日程の短縮、あるいはやむなく中止に至った場合には、
  徴収した参加費は、本大会準備の必要経費を差し引いて返金します。
  その場合、収支報告は、東将連総会およびHP上にて公開します。

以上。