令和3年度主将会議質疑応答
日時:2021年7月28日(水)19:00~19:50
場所:東京アマチュア将棋連盟本部事務局
参加者:WEB参加 52名、現地参加 2名
本部:外山、百海、古田、藤谷、高木(書記)

【交流戦の運営ルールに関する質問】
Q 2チームでの参加を考えているが、状況によっては片方のチームが5人そろわないことが想定される。
  その場合、チーム間の選手の移動は認められるか。(ねこまど)
A 事情は理解したので、理事会で協議する。
<以下、会議終了後に理事で協議し決定>
  同一系列のチーム間において、かつ当日欠員を補充する場合においてのみ、チーム間の選手の移動を認める。
  ただし、本件は交流戦に限った特例措置とし、通常の社団戦では理由を問わず、チーム間の選手の移動は
  一切認められない。

Q 緊急事態宣言が発令されること等により、会場が使用できなくなる恐れはないか。(大野教室)
A すでに緊急事態宣言下のルールである定員(600人/フロア)の半分までという利用制限がかかっており、
  今後よほどのことがない限りこれ以上の制限がかかるとは考えていない。

Q 交流戦エントリーサイトは、もう受付を開始しているのか。(ねこまど)
A URLは公開しているが、受付自体は8月1日以降である。
  なお、昨年同様、受付状況は社団戦の参加リーグ(i.e.1部~7部)ごとに集計し、随時、東将連のサイトで公開する予定である。

【昨年度の決算に関する質問】
Q 昨年度の交流戦は、交流戦単体で赤字だったのか。単体では黒字だったが固定費込で赤字になったのか。(SONY)
A 単体で赤字だった。決算上は、固定費分の赤字に加え、交流戦を開催したことによって赤字が拡大した、
  という格好になった。※令和2年度収支報告書を参照のこと
  しかしながら、昨年度は会場使用料が一切返金されないという条件下だったため、会場使用料が
  固定費に準ずることになり、交流戦を開催することによってわずかではあるが赤字幅を減らすことができた、
  というのが実態である。

Q 東将連の手元キャッシュは、預かり金を全額返金できるほど潤沢なのか。(東大いりえ)
A 全額返金するには不足している。当然各チームの事情もあることは理解しているので返金要請には極力応じるが、
  できればそのまま預けておいていただけると助かる。
 
Q 交流戦単体で赤字になるのであれば、損益分岐点は何チーム参加なのか。単体で黒字になるように
  参加費を値上げするとか、寄付金を募るとかいう選択肢はないのか。(東大いりえ)
A 昨年同様36,000円であれば、損益分岐点は50チーム参加というのが試算の結果。ただし、今年は参加費を
  45,000円に値上げすることにしたので、損益分岐点はざっと35~40チームぐらいになる勘定である。
  交流戦を開催することによって赤字幅が拡大するようであれば、今年度の交流戦は見合わせる予定である。
  寄付金の募集も含め、財政立て直し策は引き続き検討する。

Q 収支報告書は公開される予定があるのか。(ねこまど)
A 東将連のサイトにアップする。こちら

Q 会場で入手した収支報告書は、チーム内で共有して構わないか。(ねこまど)
A 構わない。
                                                 以上