木目2

社会人団体リーグ

社団リーグ戦は、アマチュア将棋の普及と発展に資するため、
1990年に発足しました。

現在、参加チームは、118を数え、団体戦としては日本最大の
リーグ戦に成長致しました。

多くの企業、大学OB、同好会等の参加を得て、白熱した戦いが
展開されています。



第26回社会人団体リーグ戦の結果(平成27年度)



第25回社会人団体リーグ戦の結果(平成26年度)



第24回社会人団体リーグ戦の結果(平成25年度)



第23回社会人団体リーグ戦の結果(平成24年度)



第22回社会人団体リーグ戦の結果(平成23年度)



第21回社会人団体リーグ戦の結果(平成22年度)



第20回社会人団体リーグ戦の結果(平成21年度)



第19回社会人団体リーグ戦の結果(平成20年度)



第18回社会人団体リーグ戦の結果(平成19年度)


第17回社会人リーグ戦の結果




第16回社会人リーグ戦の結果
プレゼント各リーグ戦対戦表
1.社会人リーグ一覧表(PDF)
2.社団戦各リーグ対戦表(PDF)
3.社団戦各リーグ対戦表(成績順)(PDF)

<対戦表作成者:藤谷佳秋>

1部・4部・写真
2部赤・2部白・写真
3部赤・3部白・写真
3部青・3部緑・写真


プレゼント
第16回社会人団体リーグ戦(参加者ランキング順位)
参加者全員のランキング
 @ > < A 
各リーグ別 
 1部 > < 2部赤 > < 2部白 > < 3部赤 
 3部白 > < 3部青 > < 3部緑 > < 4部 

プレゼント第3回 団体個人戦(社団戦4日目)
 
個人団体戦リーグ順位表(PDF)

     




第15回社会人リーグ戦の結果
プレゼント各リーグ戦対戦表
第15回社会人団体リーグ一覧表(5日目)
第15回社会人各リーグ表(pdfファイル)

1部
写真
2部赤
2部白写真
3部赤
3部白3部青写真
4部
写真

 <各リーグ戦対戦表作成者:藤谷佳秋>

プレゼント
第15回社会人団体リーグ戦(参加者ランキング順位)

参加者全員のランキング

< @ > < A >
各リーグ別 

< 1部 > < 2部赤 > < 2部白 > < 3部赤 >
< 3部白 > < 3部青 > < 4部 >

プレゼント第2回 団体個人戦 (社団戦4日目)

     




第14回社会人リーグ戦の結果
プレゼント各リーグ戦対戦表
   第14回社会人リーグ一覧表(最終順位表)

1部2部赤2部白3部赤3部白 3部青4部

プレゼント第14回社会人リーグ リーグ別個人成績ベスト50

  <各リーグ戦対戦表作成者:藤谷佳秋>

プレゼント第1回 団体個人戦 東京チャンピオン戦
     
1部リーグ結果
2部リーグ結果
3部リーグ結果
4部リーグ結果





第13回社会人リーグ戦の結果
プレゼント各リーグ戦対戦表
   1部2部赤2部白3部赤3部白3部青4部
  <各リーグ戦対戦表作成者:藤谷佳秋>

1部リーグ結果
2部リーグ結果
3部リーグ結果
4部リーグ結果






第12回社会人リーグ戦の結果
プレゼント各リーグ戦対戦表
   (1部
2部赤2部白3部赤3部白
    3部青4部
  <各リーグ戦対戦表作成者:藤谷佳秋>

プレゼント社会人リーグ結果(1部、2部)
プレゼント社会人リーグ結果(3部、4部)
プレゼント社会人団体リーグ戦個人成績
プレゼント社団リーグ戦ピンナップ2001(1部、2部)
プレゼント社団リーグ戦ピンナップ2001(3部、4部)
プレゼント社団ニュース・コラム




社団リーグ戦について具体的には、
以下のような細則が定められています。



社会人将棋リーグ戦 細則

@方式 1チーム、7人制の団体戦とし、各リーグとも、1回の総当たりで試合を行う。

A編成 1部、2部、3部、4部で編成し、3部は赤と白、4部は赤・白・青の計7つのリーグで構成する。

B日程 毎年、6月・9月の第二日曜日、7月・10月の第四日曜日の四日間で行う。

C勝数 1.各試合、勝利対局1局につき勝数を1とする(不戦勝も1)。  
      2.引き分けは、勝数を0.5とする(負け、双方欠場は0)。     
      3.試合後、勝数が4以上のチームは、勝点1、勝数3.5のチームは、勝数0.5を獲得する。

D順位 チームの順位は以下のとおり決定する。     
      1.勝点の多いチームを上位とする。     
      2.1.で同点の場合は、合計勝数の多いチームを上位とする。     
      3.2.で同点の場合は、大将戦の合計勝数の多いチームを上位とする。     
      4.3.で同点の場合は、リーグ表で上位のチームを上とみなす。

E昇降 1.昇降級、入替戦は各リーグ表に記載された通りとし、入替戦は1試合行う。    
      2.入替戦の組み合わせは、上のリーグは上位から、下のリーグは下位から
        組み合わせていく。
      3.3部、4部のように複数のリーグがある場合は、同一順位のチームは勝数で
        判断する。
      4.昇降級を決定した後、3部では翌年度の新順位が奇数になったチームを
        赤白で交換する。
      5.同様4部では、新順位が3の倍数及び3の倍数+1のチームを赤白青で
        交換する。
      6.複数のリーグがある場合、代表者が同じチームは同一のリーグには入れない
        ようにする。

F登録 1.試合でオーダーされた選手は、そのチームの選手として登録される。
      2.リーグ戦に1度出場した選手は、その年度は他のチームの選手として
        出場出来ない(二重登録不可)。

G対戦 対戦順はリーグ表の記入順とする(毎年同じです)。

H試合 1.メンバー表  試合開始10分前までに出場選手を記入し、
                メンバー表を相手と交換する。
      2.メンバーが6人以下の場合
                大将から順に途中に空白をもうけずに記入し、いない人は
                メンバー表に記入できない。
      3.先後の決定は大将の振り駒により、奇数もしくは偶数の選手が全て先手となる。
      4.対局者がいない場合でも、時計は進行させておく。時間切れは不戦勝となる。
      5.対局が終わったら、勝ちは○、負けは×をメンバー表の該当する数字の上に
        記入する。

I対局 1.時間    持ち時間は各30分とし、その後は1手30秒とする。
      2.禁手    二歩・打ち歩詰め・待った・二手指し・行き所のない駒・千日手の王手。
      3.千日手  同一手順及び同一局面3回で成立、先後を後退し、指し直しとする。
      4.持将棋  持将棋の成立は審判の制定に従う(審判への申し出は不可)。
      5.遅刻    試合が開始されれば、すぐにも時計を押して良い。
               中途入場者は持ち時間があればそこから対局する。
      6.反則    禁手、待った、は反則負けとなる。ただし投了後の発見は投了優先。
      7.時計    時計が0になった場合は負け。
               時計のボタンは、指した手で押さなければならない。
      8.先後    大将の振り駒によって決定する。
      9.秒読み  試合進行状況によって、1手20秒となる。
      10.判定   試合中の判定は、全て審判の判断による。

Jランク リーグ戦の対局は全てランキングで計算される(引き分け・不戦勝は除く)。

1998年4月15日付 常任理事会改正


トップ アイコン
トップ


木目2